「これで宅建合格」のトップページ>直前期の勉強方法について



直前期の勉強方法について

このサイトは、後藤行政書士事務所が運営しています。




 試験まであと少しです。ここまで来たら、新しい事に手を出すのは危険です。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という不安な気持ちになるのはわかりますが、ここは今まで使っていた問題集を繰り返し解くのがよいと思います。とりわけ過去問を全部覚えるぐらいの勢いで、繰り返し繰り返し解く事をおすすめ致します。
 通勤通学の電車の中での時間などを有効に活用して下さい。通勤通学の時間の活用は、けっこう大きいですよ。

 公開模試などの模擬試験を受験される方もいると思います。受験される方はしっかりと復習して下さい。復習が大事です。受けっぱなしではもったいないです。
 でも、模試の成績には一喜一憂しないで下さいね。良い成績だと油断しがちですし、悪いと落ち込んだりしますから。言うまでもないですが、大切なのは本試験です。
 ただ、「本試験と同じ状況で解く」ということを経験するということは、大切だと思います。時間や費用が許せば、1〜2回ぐらい受けてみるのもいいと思います。


無断転載・転送を禁じます。

[トップページへ戻る]

Copyright(C)2004 後藤行政書士事務所 All Rights Reserved.

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO